読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanakajiroの日記

どうすれば明日はもっと面白くなるのか、割とマジで。

ポーカーで生存できるか@セブ No.18

掲題の通り、セブにきています。

 

結果から申し上げますと、セブにはポーカールームはございません。

 

 

セブにはポーカーできるところは一つもありませんでした!!

 

 

事前にクラウドワーカーに調べさせて、

不確定なところは直接出向き、主要カジノはすべて回って聞き込みをしました。

そういった努力もむなしく、徒労に終わりました。

 

セブでポーカーするために当てた5泊6日は

ビーチリゾートを1人で過ごす地獄へと変貌しました。

 

しかも台風来てて、天候は荒れ気味。

部屋でポーカースターしてます笑 贅沢でしょう?笑

 

この生産性のまったくない5日間をちょっとでも、

役立てるために昨日回った主要カジノのレビューでも書いておこうと思います。

 

■Waterfront Cebu City Hotel & Casino

場所:https://goo.gl/maps/eMmby7V9Bim

セブで一番大きいカジノ。

マニラに比べると規模は小さいものの比較的奇麗でゲームが揃っている。ルーレットが20PHP(ミニマム200PHP)で遊べるのは嬉しい。

スポーツベッティングのブースがある。スロット/バカラ/ルーレット等の基本ゲームあり。飯がうまい。 迷うならここがいいと思う。

 

■Waterfront Airport Hotel & Casino Mactan

場所:https://goo.gl/maps/zRqNtzQoZEF2

空港に近い方のウォーターフロントホテル。

スロットマシーンがメインで、テーブルゲームは小規模ながら奥の部屋にある。

ルーレットマシンが10PHPから遊べるので、長く遊べるかな。

スロット/バカラ/ルーレット等の基本ゲームあり。ここも飯がうまい。

 

■The Palace Casino

場所:https://goo.gl/maps/76Q6HaNm98v

Lapu-Lapu島の方のカジノ。観光客がメインのようで、レートは$表記で少々高め。

スロットマシーンはなく、バカラ/BJ/ルーレットのテーブルゲームがメイン。

清潔感があり、居心地はよさげ。BJのミニマムレートは10$~

 

■Mactan Isla Resort and Casino

場所:https://goo.gl/maps/gBiqQVFH6s82

Lapu-Lapu島の方のカジノ。こちらもレートは高め。

主要顧客は韓国人の様子。基本ゲームはあるけども、わざわざここを選ぶ理由は見つからないなぁという印象。

スロットマシーン/大小マシーン/バカラ/ボール×3等があった。

ボール×3は紅白の色がついた格子状の場所に玉を落として、白白白とか白赤赤とかを当てるゲーム。サイコロの大小と感覚的には近いかも。

 

■Casino Filipino

場所:https://goo.gl/maps/z7QAjVXX2CA2

セブ本島の方のカジノ。いわいるローカルカジノで、テーブルゲームは一切なし。

スロットマシーンのみで地元民がわいわいやってる。

清潔感もないし、おススメはできない。

 

■まとめ

結論としては迷うならウォーターフロント。という感じ。

でもマニラの主要カジノに比べると都落ち感は感じずにはいられない。

お台場から熱海に来たみたい笑ま、ビーチリゾートなんでカジノなんて行ってないで海行っとけってことでしょうか笑

以上、セブのニートによる現地レポートでした。

(マニラ帰りたい。。。)

ポーカーで生存できるか@マニラ No.17

ちょっとだけ最近調子がいい気がします。

ステップアップポーカーを読みながらポーカーしてますが、この本は良本ですね。

汎用性が高い気がします。

ガスハンセンを5周以上読みましたが、彼より説明は上手なのは間違いないです。

 

本日の出来事です。

ミドルセットでオールインをコールしましたが、負けてしまいました。

ティルト冷めぬうちに、まずはそのハンドから。

 

25/50 @COD

COで66というハンド。

前にリンパ―2名セット狙いでリンプイン。

(振り落とすのにレイズ250以上入れないといけないので、ちょっと辛い)

結局、50でまわって、5プレーヤー。

 

フロップは36Jのツートーン。

 

SBが200 BBがコール。

私がCOから1200レイズ。だってセットだもん。

フラドロのセミブラフっぽく大きめにベッドしてみました。

 

SBが3400オールイン。

BBがコール。

 

2コールって。どっちかフラドロやん。

ワンヒットフラドロ?

怖いのはJJとフラストドロだけど、

JJはリンプで回さない人達なので、ほぼベストハンドを確信。

 

上に2200だし、オッズとしてもコールして全然問題なかろう。

ほんとはもっとポット小さくしたかったけど。

結局フラッシュカードは落ちなかった。

 

はい、頂きます。

 

そう思ってオープンしたら、45がいた。。。

リバーで7落ちてるやんけ。

 

フラッシュドローもある中、

ストドロを死ぬ気で引きに行くのは普通はしちゃだめだろ。。。

導火線に火を付けたのは私なのですが、これは典型的なミスプレーだと思います。

 

ちなみに最初にオールインをした人は33でセットを引いてました。

これはまだうなずける。

 

でも明らかにツーペア以上持ってる人に対して、

フォールドイクイティもないのにオールインをストドロでコールはダメでしょ。

フラドロがいる前提でダイヤ2枚消えたとして、アウツは6枚。

約24%のために命を張りますかー。。。

ギャンブラーですね。

 

ステップアップポーカーに書いてました。

 

「アンダードッグを引かれたら喜びましょう」

「だって、相手はミスプレーをしてるのだから」

 

いや、喜べねーし。やっぱ、若干ティルトになりましたね。

今日は調子が良くて、それでもプラスでしたけど抜けました。

ラフプレイする前に。

 

反省としてどうすべきだったのでしょうか?

フロップでの1200レイズは相手としてはコミットしてしまう金額だったかもしれません。700くらいにおさえておいて、ターンでもう一度打ち込めばきっとストドロは下りてくれた気がします。フロップではドローが美味しく見えちゃうので、ポットを膨らましつつ、コミットさせずに、ターンでちゃんと諦めさせればよかった。

そう思います。

 

「ギャンブラーにはフロップでコミットさせずにターンで諦めてもらう」

 

今日の反省です。

 

明日からはセブ遠征です。

 

セブの隣の島にテロリストが現れたということで、

キャンセルしようかと思ったんですが、もったいないので行くことにしました。

 

このブログが途絶えてたら誰か通報して下さい笑

 

■戦績

4/11 10/20 3hプレイ@マスター +1720

 

4/12 25/50 4hプレイ@COD +1725

 

結果 +3445

バンクロール:76590

 

ポーカーで生存できるか@マニラ No.16

部屋に5センチ越えのゴキブリが出ます。

昨日、ベッドの縁を猛スピードでダッシュする姿を見ました。

1泊1500円のトイレ・シャワー付きの個室ではありますが、

毎晩飼い犬が部屋の前で糞尿をまき散らすし、ゴキブリは退治しても新手が現れるし、もう限界です。引っ越します。

 

今の部屋がマニラで5部屋目で、1泊1500円~3000円の個室を移り住んできました。

家賃3万円の西新宿風呂なし物件に住んだ経験のある私でも、日本人には2000円以下の部屋はやめておけと言いたいです。

 

さて、主戦場を空港近くに移して、25/50で継続して打っています。

週末だったこともあり、22時頃にはウェイティングがすごいことになってます。

日本人もチラホラ見かけました。

 

結果としてはまずまずの成果が得られ、とりあえず一安心しております。

 

キャッシュゲームにおける美味しい人の特徴を書きためているので、

ここにメモしておきたいと思います。

 

■キャッシュゲームで美味しい人

○トップヒット降りられない人。

 →これがばれると、ツーペアやセットに飛ばされます。

 →キャッチできると美味しいけども、最も短命かもしれません。

○AK降りられない人。

 →これも美味しいですね。

 →打ちこむ方はドローを警戒するのですが実は6アウツを追いかけてたりします。

○ドローが好きすぎる人。

 →ナッツに成りえないQ4sのフラッシュドローとかを必死に追いかけて、

  結果、ナッツフラッシュに全部吐き出してしまうような。

○かっこいいプレーをしようとする人。

 →チェックレイズ、リバーブラフ、ガットショットセミブラフ、CB率100%

 →こういったテーブルで目立つプレーをしてると、みんなが狙いはじめます。

 →オープンの5BBレイズで5プレーヤーとかになります。

○リバイして負け分を取り戻そうとする人

 →チップを良く見ます。ルースでアグレッションが異常にあがるので、

  バリューハンドで待てば向こうから飛び込んでくれます。

○ショートハンドでやけくその人

 →20BBあるのに、トーナメントでもないのに、とりあえずダブルアップを目指してルースにプッシュしてくるので、AQ+ 99+あればとりあえずコールで大丈夫そう。

 

話はちょっと変わりますが、

先日から上手いLAGプレーヤーを何度か見かけるようになって、どういうプレーをしてるのかを書き残しておきたいと思います。

 

○フロップ参加率70%

○AKをリンプやコール。

○2betに対してKKをコール止め。

○多人数ポットのフロップでフラドロで3betをshow

 

TAGの主食はハンドレンジゆるゆるのLAGをフロップで追い出したり、

キッカーで勝ったりすることでチップを稼ぎますが、LAGの主食もまたTAGなんだなぁーと最近感じます。

 

TAGがA9sでリンプして、Aヒットで打ちこむのをLAGはAKで伴走して、

ルースなイメージを守るためにリバーで強めに打ちこんでポットを獲得します。

TAG「ちぇ、ツーペアかよ。運がいいやつめ」

LAG「よし、弱いイメージを保てたぞ」

 

TAG「AQsがミドルポジションできたからオープンしたろ」

LAG「KKきたけど、TAGがヒットしたら自分で吐き出すだろう、コール止めや」

 

フロップ Q52ツートー

 

TAG「TPTKやんけ、警戒すべきはフラドロだけやろうな

 相手ノーヒット濃厚だからまずはチェックでまわしたろ」

LAG「あれー、いつもCB打つのにこないなー。。。ポジションベッドと見せかけたバリューベッド打ったろ」

TAG「あー、こいつ、こっちが打たないことをいいことに調子のりおって、

  ムカー、レイズかましたろ」

LAG「あいやー、Qヒットしとるんかいな。フラドロで打ちこむようなプレーはしないニットなやつだから、AQ、KQでもしかしたらフラドロもついてるかもしれんな。

QQだったら事故で諦めよう。オールイン」

TAG「こいつ、またフラドロで全部入れてきやがった。成敗したる。コール」

 

TAGの敗因・・・

LAGにもプレミアハンドはくるのに相手のハンドレンジから除外してしまった。

 

ステップアップポーカーという本にあったのは、

ブラフは将来、相手からコールしてもらうための先行投資と言っています。

LAGの高いフロップ参加率やブラフに見せかけたバリューベッドもこういう時のための先行投資なんだな。

とつくづく感じるエピソードでした。

 

■戦績

4/8 25/50 6hプレイ@Solaier +4400

 

結果 +4400

バンクロール:73145

 

ポーカーで生存できるか@マニラ No.15

空港近くに宿を移し、今週は場所を決めて通うというをテーマにしています。

 

10/20でリハビリを続けてましたが、現地の人は基本的にみんなかたくて、

もっともポットが大きくなるのがオープンレイザーが5BB程度にレイズして、それを5人くらいがコールするという状況が生まれた時。

こうなるとフロップでコミットする人が現れて、オールインになります。テーブルの平均スタックが25BB程度なので当然そうなります。ターン、リバーで打ちあうなんてことはほとんどないので、これって多分経験値としてもあまり積めないなーと感じてきたので、リハビリは終了とし、主戦場を25/50に移してバンクロールの回復を狙います。

 

さて、以前のブログで100ハンドで30BB程度稼ぐ人が他の人に対してエッジをどのくらい持っているのか、ということを計算してみました。

 

===引用開始===

100ハンドプレイ後に平均で125BB勝つ人は、

他のプレイヤーに対して5.89%のエッジを持っており、

100ハンド後には83BB~167BBの範囲にいる(95%信頼区間)。

===引用終了===

 

そんでもって、ふと思ったんですが、

ケリー基準を適用させればバンクロールのうち、何パーセントをリスクにさらせるのかが計算上明らかになるな、と。

 

ケリーの公式というのは継続投資において、

エッジとオッズが分かっている場合に資産の何パーセントをベッドすべきかという計算式のようなもので、理論上、最高のパフォーマンスを出します。

 

<<参考>>

http://www.geocities.jp/y_infty/management/k_formula_1.html

天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話 | ウィリアム パウンドストーン, William Poundstone, 松浦 俊輔 |本 | 通販 | Amazon

 

で、実際に計算してみたいと思います。

f:id:tanakajiro:20170408123942p:plain

P(勝率)=50%

R(オッズ)=(167-100)/(100-83)=3.94

 

5.89%のエッジがある人は100ハンド後には95%の信頼度で83BB~167BBの間にいることから、勝率50%でオッズが3.94の勝負をしているとゲームを簡略化してみます。

*ちょっと強引ですが。。。

 

f=((3.94+1)0.5-1)/3.94=37.3%

 

バンクロールの37.3%をかけるべき、という答えが出ました。

でも、あくまでもこれは飛ばない前提で、ゲームを簡略して出した答えにすぎません。

 

実際には自分がテーブルで一番うまい=エッジがあることなんて希だし、ドンキーが死ぬ気でアンダーザドッグを引きに来て、引かれたら飛んでしまうこともあります。

 

そういった現実面とリスクを鑑みるとケリー基準の25~30%くらいで見ておいた方が安全だと思われます。俗に言う半分ケリーをさらに半分にしたので、かなり保守的と言えます。

 

f=37.3×(25~30%)=9.325~11.19%

つまり10%程度が一つの目安になりそうです。

 

■戦績

4/6  10/20 6hプレイ@メトロ -2500

4/7 25/50 8hプレイ@Solaier -3825

 

結果 -6325

バンクロール:68745

 

負けが込んできましたが、ここが踏ん張りどころでしょう。

先ほど計算したバンクロールの10%=6000を上限に25/50で打ち続けます。

 

最悪の場合、あと10日ほどで私のマニラのポーカーライフは

終止符を打つことになるかもしれません。

 

正直、失敗に終わるのはすごく怖いです。

 

プレッシャーでハゲそうです。

 

でも、まだ心は折れてません。

 

たまにはいいことも報告できるよう頑張ります。

マニラの各地域を山手線の駅で例えてみた。

マニラにきてちょうど今日で1カ月が経ちました。

毎週住む場所を変えて、それなりにあちこち見て回ったので、

今日は掲題の通り、マニラの各地域を山手線の駅で例えてみたいと思います。

f:id:tanakajiro:20170406165047p:plain

①マラテ・・・新宿

新宿の歌舞伎町を彷彿させる歓楽街。

日本語や韓国語の看板のKTVやレストランが立ち並ぶ夜の街。

歩いてると日本語で話しかけられる。街としては危険が多く、

ストリートチルドレンや物乞いが多め。

 

②ベイエリア・・・お台場

埋め立てによってできた土地で、建物はまばらであるものの、

どこも新しく巨大である。多くのカジノが立ち並ぶ。

SMショッピングモール周辺は夕日がきれいで、オープンテラスのバーが立ち並んでいる。やや安全な場所。

 

③マニラエリア・・・高田の馬場

中華街と多くの大学をかかえるこのエリアは一言で言うと雑多な地域。

細かい細道が多く、中華系飯屋も多いが、清潔感があまりないのが残念。

 

④マカティエリア(南)・・・東京

グリーンベルトと言われる高級めな繁華街は東京の丸の内周辺を彷彿させる。

いたるとことで開発が進んではいるものの、全体として清潔で安全な印象がある。

オフィスビルと高級ブランドのイメージが強い。

 

⑤マカティエリア(北)・・・渋谷

ここもマラテと同じく歓楽街。こちらはどちらかというとターゲットが西洋・中東系に向いていて、日本食は少ない。有名な夜の街でGoGoバーが多く点在する。バックパッカーは結構好きな街だと思われる。やはり物乞いも多く、治安面では若干不安もある。

 

⑥BGCエリア・・・銀座

マニラでもっともハイエンドなエリア。

街として同じとは思えないくらい整っていて清潔感がある。貧乏人を寄せ付けないオーラを放つ街。カフェやレストランのお値段は日本かそれ以上の設定で、皆さん身なりが奇麗な人しかいない。ナイトクラブのドリンクは一杯1000円くらいした。

 

⑦オーティガスセンター・・・池袋

こちらも絶賛開発中の街で、オフィスといい感じのレストランがローカル感をともなって融合している印象。コンパクトで近くに住めるし、いい街だとは思うけど、中心部から若干離れているので、その位置づけは池袋としてみた。

 

■総括

まだまだ1カ月なんで見えてない部分も多いとは思うし、現地に長くいる人から見たら「それは違う」と思われる部分もあるかもしれません。しかしながら、最初の印象って長くいるとどんどん薄れてしまうものなので、今回まとめてみました。

ポーカーで生存できるか@マニラ No.14

さてさて、数日のブランクができてしまったので、

リハビリもかねて1500ペソ程度でマスターズポーカーの10/20で打っておりました。

 

基本的に自分の運のなさを嘆くのって意味がないし、やるべきではないと思いますが、

この日ばっかりは何をしてもダメでした。3時間以上いてATo以上、99以上が合計5回しかこなかった。。。そのうちポッドを獲得したのは2回だけ、、、タイトに打とう打とうと思うけども、気がつけば3周参加してないという状態が続く。。。

 

イライラ。。。

またJ2かよ。 また48かよ。

イライラ。。。

 

そうなると、どうなってしまうのか。

ふわーっとハンドレンジが広がっていくんですね。

メモによると、

A2o,Q9s,K8s,K2sとかでふわっと参加していたようです。

 

当然、そんなハンドで参加しても強めの2bet打たれたら降りないとおけないし、

トップヒットもそんなに嬉しい状況ではないです。

 

そんな感じでジワジワジワジワとスタックが削れ、

75BBインしたスタックも残り40BBくらいで、

もう今日はダメだからカットオフで抜けよう。

そう思っていました。

 

テーブルの状況はと言うと、そんなにうまくないおばちゃんが自分の左隣で、分散高い打ち方をしていて、それをみんながキャッチしようと躍起になっている。

でも、おばちゃんはことごとくアンダーザドッグを引いて、みんなを返り打ちにしている。おばちゃん以外みんなティルト状態で、美味しいといえば美味しいんですが、ちょっとポットサイズが大きめのテーブルになっていました。

 

自分もハンドがくれば、打ちこんでこのおばちゃんとヘッズになりたいのにな~なんて思っていたところに、最後のボタンで9Qs(ハート)がきました。前に2リンパ―で、BBは超タイトなおじいちゃんなので、レイズはないだろうと思ってリンプしました。

 

5プレイヤー オールリンプ

 

フロップ:49A ALLダイアモンド

 

モノトーンボードで、ミドルヒット。

そんなに強くはないですが、可能性はあります。

 

1番チェック

2番チェック

3番チェック

5番1BBベッド

B(私)コール

1番レイズ2BB

2番フォールド

3番コール

5番コール

B(私)コール

 

ポット 13BB

 

ターン:K スペード

 

1番 16BBベッド

2~5番 フォールド

 

ボタンの私、少々考え込んでしまいます。

望んでいたツーペアが出来てしまったからです。

 

・フロップフラッシュの可能性もありますが、

 弱いフロップフラッシュならフロップでもうちょっと強めに打つでしょう。

 なぜならKdやQdを持ってる人がコールしてくれるかもしれないし、

 そういう人に安くフリーカードを見せるのはしたくないでしょう。

・強いフロップフラッシュならどうでしょう。

 あまり怖いカードはありません。相手に手を作ってもらって、

 狩りとればいいので、どちらかというとスロープレー気味になるはずです。

 Kが落ちて、いきなりポッドオーバーを打つ理由はあまりないでしょう。

 ここはKxがコールできるラインのベッドをするのが定石と思われます。

・セットができた?

 このおばちゃんの打ち方的にポケットを持っていたらリンプではまわさないでしょう。なので、ポケットがセットになったというのも可能性低いと判断。

・ツーペア?

 AKか?これも、このおばちゃんなら間違いなくプリフロップでもっと強さをアピールしていたはずです。

 4Kか?これは濃厚です。このアグレッションの上がり方にもマッチしてますし、ドロー系のハンドを落とすためのオーバーベッドならストーリー的にはばっちりです。

 他の人がフロップフラッシュの可能性ありますが、ノリノリのこのおばちゃんなら、こういうプレイするでしょう。

・Kxのダイヤ1枚持ち。

 これも十分ありえます。Kがダイヤならワンヒットナッツフラッシュドローなので、強めに出ても、弱いフラッシュドローは降ろせるし、フロップフラッシュにも強いプレッシャーを与えることができます。

 

よし、このおばちゃんは4K,9K,Kx(ダイヤ)のフラッシュドロー。

そう読んだ私は相手のミスを最大化するために25BBのオールインを被せます。

 

おばちゃんはしぶコール。

 

よし、これはもらったな。

 

おばちゃん K7ダイヤ。。。

 

>>ナッツフラッシュやーん<<

 

そうです。

ナッツフラッシュなのにKがヒットして条件反射的にオーバーベッドしていたのです。よくある降りて欲しいから強く打ったという部類のベッドではなく、手がヒットして、すでにナッツだけど強く打っちゃった(テヘペロ)系のベッドでした。

 

はぁ、、、なるほど。

 

フロップでのミニレイズの意味をもっと考えるべきでした。

なんて意味のないレイズするんだろうと思ってましたが、

あれは「バリューが欲しい!」という欲がちょっとはみ出ちゃったんですね。

もしくはフロップフラッシュが他にいたらレイズして欲しいです。

という部類の打診ベッド。

 

ベッドスピードからKが何か絡んでいるのは濃厚でしたが、

条件反射で打たれてしまい、真の強さを見誤ってしまった。

勉強代としてはまぁまぁ妥当な代償を払いました。。。

 

■今日の教訓

・ハンドが来なくてもレンジは広げるな

 →本でも読んでおけ。

・今日はダメだなって思った瞬間にレンジが投機的になるので、

 その瞬間に離席するべし。

・相手のレベル/思考に合わせて考える

 →時間がかかっても、その人のアクションを復習する。

・ナッツで、スケアカードでスナップベッドすると、ハンドは弱く見える。

 

■戦績

4/3 4hプレイ@マスター -1500

結果 -1500

バンクロール:75070

マニラでVISA申請/更新/延長するには?

マニラに来てちょうど1カ月が間もなく経とうとして、

VISAの更新をしなくてはなりません。さっそく、情報を探ってみましたが、

その日本語の情報量が少なすぎて、ほとんど役に立ちませんでした。

 

多分ここぐらい↓

» ビザ・在留届暮らしのガイド | フィリピンプライマー

 

ということで、必要な方のために簡潔にまとめました。

最低限必要なのは以下2点。

・お金=3230PHP

・パスポート

 

■VISAの申請方法

BGCにある「SM Aura Premier」ここの8Fにあるイミグレがおススメです。

友人から紹介してもらったのですが、ガラガラで手続きが速いです。

20分くらいで完了してしまいます。

場所:Google Maps

f:id:tanakajiro:20170404204204p:plain

ショッピングセンターの正面から入るのではなく、

向かって右側から回り込んだ側面にオフィスビルの方の入口があります。

 

ショッピングモールから入っても大丈夫です。

5Fがテラスになっていて、そこからオフィスビルの方へ直結しています。

f:id:tanakajiro:20170404204420p:plain

ここから入れます。

 

■実際の手続きと費用

・受付でVISA延長したいと伝えるとB5程度の申請用紙をもらえます。

・それを記入して申請窓口へ行くと、支払い用紙をもらいます。

・それを持って支払いカウンターに行って支払い(3230PHP)をすると座って待ってろと言われます。

・10分くらいしたら名前が呼ばれて、受け取って終了です。

 

■所感

・写真は必要なかった。

 →マニラの方で申請すると必要とのこと(場所によって違う)

・5Fのテラスにラーメン凪があったので入ったら日本より値段が高くてちびった。

 →そして、味は完全に一蘭に寄せていた。。。

・申請用紙にいろいろ書いたけど、ほとんど見てないと思われる。

・とにかくスタッフの態度が悪い。

 →どこの国でも公務員は殿さま商売になるのだろうか。