読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanakajiroの日記

どうすれば明日はもっと面白くなるのか、割とマジで。

北京の生活コスト【概算】

2週間の北京滞在から生活コストを概算しました。

f:id:tanakajiro:20140728151858j:plain


【1日の標準出費】
・朝食:10元(160円)
・昼食:20元(320円)
・夕食:50元(800円)
・カフェ代:30元(360円)
・タバコ代:10元(160円)
・往復バス賃:2元(32円)
・往復地下鉄賃:4元(64円)
・通信費:10元(160円)

総額:136元(2,176円)
月額:4,000元(6.5万円)

【不定期出費】
・コーラ/スプライト:3.5元(56円)
・タクシー:13元~(208円~)
・日本食(夜):150元~(2,400円~)
・中華(贅沢):150元~(2,400円~)
・マッサージ(2h):130元(2,080円)
・カクテルバー:60元~(960円~)
・ハガキ日本郵送:4.5元(72円)
・空港⇒市内:バス15元,電車25元(240円,400円)
・ビジネスホテル:300元~(4,800円)
・ドミトリー:60元~(960円)

【その他】
・子供養育費:5000元/月/人(8万円/月/人)
・持ち家ローン<北京>:5000元/月(8万円/月)
 持ち家ローン<地方都市>:3200元/月(5万円/月)
 
【所感】
交通費の安さは魅力ですが、それ以外は激安という感じではないです。
現地の方の話を聞いてると家族持ちにはコストが高すぎます。
文化的に家を買わないと結婚できないので、
購入時は住宅ローンの大ダメージが家計を圧迫すること必須です。
北京の平均年収が6000元<2014年の私推測>なので、
みんな給与を上げようと必死で転職する機会を探っています。
共働きが基本で子供は親が育てる人も多いです。
一方で、札束を本当に燃やしちゃうぐらいの金持ちがたくさんいます。
席をリザーブするだけで1万元以上かかちゃうダンスクラブを
高級車で毎日通うボンボンがたくさんいます。
習近平の「ダメ!賄賂!」政策で、高級店でのがさ入れを恐れ、
今はホテルのスイートルームが連日満室らしいです。
日本が平等すぎるのか、中国が不公平すぎるのかわかりませんが、
少なくとも言えることは僕は今、グローバル貧乏です。
 

↓ぷち贅沢はやっぱり海底撈火鍋!(150元/人程度)↓ ※超おススメ!!