tanakajiroの日記

どうすれば明日はもっと面白くなるのか

ポーカーの強さとは一体何なのか? 余語葦織 談

昨日、余語葦織プロにゲストハウスで講習開いて頂きました。

抽象論としての「ポーカーの強さ」と「強くなるプロセス」についてお話頂いたので、その話をまとめておきたいと思います。

 

ポーカーの強さとは一体何なのか?

f:id:tanakajiro:20170919155624p:plain

ポーカーの強さを構成する要素は3つあります。

 

①リーディング力

・相手のハンドレンジはどのくらいか? 

・相手がフラッシュドローだとするならばこのベット額にコールするか?

・相手は自分のレンジをどのくらいで見ているか?

 

ここでいうところのリーディング力とは「相手」はこの状況をどうとらえて、どういうアクションが期待できるかヨムことをさします。

「相手は期待値的に○○するだろう」とか「自分だったら○○する」ということではなく、あくまで主体は「相手」であることに注意が必要です。

なぜならアクションするのは相手なのですから。

相手次第では10BBオープンもAKリンプも正当化されるのです。自分では絶対しないコールも相手がしてくれるならそれが正解であり、正しいリーディングとなります。

 

この力はどうやったら培われるか。

それは経験であり、根底には共感する力があります。

・こういうタイプはドローを絶対降りない。

・マニラの低レートはバリューがほとんど。

・多くの場合、人はこういうする。

相手だったらどうするかは相手の立場で想像する必要があるし、相手とどれだけシンクロできるかが鍵となります。とはいえ、自分がどれかけシンクロできているかは自分ではわからないことも多く、そういうときは経験豊富な人達に意見を求めるべきです。

強い人は経験を積んでいるものなので、強い人にどう思うか意見をもらうというのが一つの重要な成長のプロセスになるのです。

 

②理論

理論は①のリーディングが正しいという仮定のもと、

どれだけ期待値プラスのプレーができるか、そういった数学的な正しさはポーカーの強さの一部を占めているかは言うまでもありません。

 

・相手のレンジに対して自分のハンドの期待値はあるのか?

・コールのオッズはあっているのか?

・ここでのリバーブラフはEVプラスになるのか?

 

そういった検証は仮定さえあれば、数学的に正しい解がちゃんと出ます。

この数学的正しさを鍛えるには自分が迷ったハンドを持ち帰って反省することが必要です。ですが、数学的な反省が苦手な人は説明が上手い人を頼るのもありです。

負けたハンドだけでなく、勝ったハンドも含め、

さらには自分のプレーが数学的に正しかったとしても、相手のレンジを変えてみてその強度、判断が許される許容範囲を探ることも成長のプロセスとなります。

 

相手が自分より格上で自分の置いた「仮定」に自信がない場合はどうするのか?

実戦においてそういう場合は搾取されない戦略、いわいるGTO的な振る舞いが有効になるでしょう。バリューとブラフで同じプレーラインを取るのもこういう状況で有効で、逆に相手が格下であるならば未来の事は考えずに今のEVを最大化させることの方を優先した方がいいです。そして反省する際には強い人に「仮定」の確からしさについて意見を求めてみましょう。

 

 

あと、理論を鍛えるという意味では本を読むのも大事です。それもハンドに対するレシピ本ではなく、考え方を教えてくれる本を読むべきです。

おススメはやはりDavid Sklanskyで、年月が経っても色あせない理論がそこにはあります。座学はプレー時間の1/4~1/3とるようにして継続してアップデートしていく必要があります。

 

③実行力

リーディングによる仮定、その仮定の上で導きだされる数学的正しさを実行に移すというのは言うは易く行うは難しです。人は時として正しいと思うことをできない場合があるものなのです。それは家に帰って確かめるまでもなくすぐに自分でわかる類いのものです。

原因はマネープレッシャーかもしれないし、自分の感情に影響されたのかもしれません。自分の弱さに負けずに自分の中で導きだれた結論を実行するというのもポーカーの強さの大事な部分なのです。

 

ポーカーの強さを客観的に評価するには?

一つのマイルストーンは時給5BB。

これは①リーディング力②理論の基礎があり、そのテーブルで格上/格下の判断ができるようになるレベルです。相手のレベルは相手のミスの頻度、種類から相手のレベルを判断しますが、それが見つけられないというのは相手はあなたより格上ということです。

オンラインで100ハンドあたり10BBというのはかなりいいスコアになりますが、ライブは1時間当たり30ハンドしか配られないので、その基準で合わせると、時給3BBにしかなりません。つまり、それより上を目指すなら②の理論を突き詰めるだけでなく、①リーディングの部分に磨きをかけ、相手の弱点を誰よりも早く見つけ、そこにアジャストしていく力がライブでは必要なのです。

 

===

勉強会の内容のだいたい半分くらい書けたかなと思います。

あとはメモベースで備忘録として残しておきます。

・国によって戦略を変えることはない。

マカオの50/100で時給8.8BBが余語さんのスコア

・記録は自分の実力を客観視するのとモチベーションのため

・人との議論は自分より同等以上の人とじゃないと意味がない

・強いから教え方がうまいとは限らない

・ポーカーはお金のためでなく楽しいからしている

・2013年にトナメ入賞ラッシュがあり、トナメプレーヤーとしてのBRを築けた

・糞ハンドでリンプしてくれるテーブルはリンプ使う

 →強いスーテッドはリンプにまわす

・マルチウェイになるとポジションの力が弱まる

・リンプ多用テーブルは2betレンジが強くなる

・AKマルチはきついのでレイズインが本流

・SBはリンプすべき、レーキが高いところは△、トナメは100%

・テーブルのレベルが低いほどバリュー寄りになる

・大きいポットはブラフすべきではない

・弱い人はできるだけ巻き込む

 →3betもしない場合がある

・テルは判断の10%くらいを占める

・3bet額はIPでハーフポット、OOPで70%~ポット打つのが正しい

 →実際はもっとでかく打つ(理由はコールもらえるから

 

www.sitgo.asia

【まとめ】セブのポーカールーム【2017年】

セブにはポーカールームはねぇ!というブログを半年前に書いたのですが、

実はある(できた?)というレポートが入ってきましたのでまとめておきます。

 ※syu (@NSyuto) 様情報提供

①City Time square 3F(名前不詳)

f:id:tanakajiro:20170818163115p:plain

レート:10/20,25/50,50/100 ※基本10/20

メモ:10/20はBI500~1000制限、19時開店、看板出てない

 

 

 

 

②DG Poker

f:id:tanakajiro:20170818163052p:plain

レート:10/20,25/50,50/100 ※基本10/20

メモ:観光客多し、10/20はBI500~1000制限

 

 

※JJポーカーという場所があるらしいです。。。情報をお持ちの方はご一報をば

 

www.sitgo.asia

ポーカー修行@マニラ ~バンクロール管理について~

気がつけばマニラ生活5ヶ月目を迎えました。

半年前からの自分のブログを見返してみると今となっては「?」と思われる内容も散見され、そういうことに気づけるようになったという時点で少しはマシになってきてるのかなと感じる今日この頃です。

 

掲題の件、

ポーカー自体のスキルも大事ですが、バンクロール管理の方がポーカーを続けていく上で重要だなぁーと最近思ったので、そのへんを周りの人の意見と自分の意見を組み合わせながら書いて見たいと思います。

 

まずは先輩方のご意見を拝借します。

 

"キャッシュゲームのバイインとポーカーBRのも比率ですが、 1-3や2-5で100bbMaxで打つなら1BI=300や500の20倍以上でいいけど 2-5の1500Maxや5-10のNoMaxで打つなら1BI=1500や5000~10,000の20バイ以上をBRに持った方がいい。"

"だから、2-5の1500Max打つ人のBRは最低$15,000以上必要で 5-10のNo Maxは大抵みんな5000~10,000くらいで入るからBRは20万ドル以上欲しい。"

社長@LasVegasのドン (@_shachou__) | Twitter

 

"プロでも負けが続くと1000BB負けることがある。

1000BB失って涼しい顔できるようなバンクロールが必要で、それができないならそのレートで打つべきではないんですよねー"

MASATO@マニラ (@masato987123) | Twitter

 

"キャッシュだったらバイイン額の100倍くらいかなー。バンクロール半額になると精神的プレッシャーがきつい。1カ月とかのスパンで考えるなら、1日3BIと考えて20倍くらいでもいいかもしれない"

ハジメ(マニラ在住ポーカーコーチ) (@philcasino) | Twitter

 

つまり、

バイイン額の20倍(短期)~100倍(長期)くらい必要ということを示唆しています

 

バンクロール設定の根底にある意図は負けが混んだ時や勝ちが続いた時にメンタルに影響を及ぼし、正しいプレーがができなくなることを防ぐことです。

『賭けの考え方』にも書いてますが、一番やってはいけないのは負けを取り戻そうとレートを上げることです。バンクロール設定はこれを遠回しに回避するよう仕向けてくれるというメリットがありますし、反対にレートを下げる方向に仕向けてくれるという点でポーカープレーヤーのよき友と言ってもいいでしょう。

 

 

ちなみにマカオ、ソウル、マニラで1カ月ポーカーライフをしようとした時に必要なバンクロールは下記のようになります。※各国のミニマムレートベース

 

マカオ・・・3.2/6.4$ 必要バンクロール:12,800$/month

ソウル・・・1/2$ 必要バンクロール:4,000$/month

マニラ・・・0.2/0.4$ 必要バンクロール:800$/month

 

マカオはさすがに高いですね。覚悟・実力・バンクロール兼ね備えた人しかいけません。一方でマニラ、安いですね~ もう学生でも来れちゃいます。

親にはフィリピンに英語勉強しに行くと言って、修行しに行くしかないですね。

 

ポーカーをギャンブルという側面で見ると、低いレートは興奮も勝った時の喜びも高レートに比べると人によっては劣るかもしれません。一方でルールもゲームの構造も同じなので、スキルゲームという観点では十分に楽しいし、勉強になると私は思ってます。

 

この記事をマニラでバンクロールふっ飛ばして、

宿代踏み倒して夜逃げ帰国したYくんに捧ぐ。(連絡待ってます)

 

※直近の私の状況について

田中くんはさー、結構ポーカーしてるけど、稼げてない時点でアミューズメントポーカーだよねというご指摘を頂いて、アミューズメントポーカープロという称号を最近頂きました。年内にはポーカーマッチョを目指します。

f:id:tanakajiro:20170725165801p:plain

【中・英・日】火鍋(Hotpot)の野菜メニュー【写真付き】

火鍋は野菜が美味しい。

 

海外の中華料理店のメニューが読めずに困った時用。

 

■香港白菜、HK Pechay

f:id:tanakajiro:20170702152937p:plain

 

■菜心、Choysam、サイシン

f:id:tanakajiro:20170702153140p:plain

 

■唐生菜、Chinese Long Lettuce

f:id:tanakajiro:20170702155028p:plain

 

■西生菜、Baguio Fresh Lettuce、アイスバーグレタス

f:id:tanakajiro:20170702155216p:plain

 

■西洋菜、Watercress、クレソン

f:id:tanakajiro:20170702155657p:plain

 

■唐蒿菜、Tangho

f:id:tanakajiro:20170702160713p:plain

 

■青江菜、Taiwan Pechay、チンゲンサイ

f:id:tanakajiro:20170702160918p:plain

 

■黒木耳、Black Fungus、キクラゲ

f:id:tanakajiro:20170702162728p:plain

 

山東白菜、Baguio Pechay

f:id:tanakajiro:20170702162851p:plain

 

■莧菜、Spinach、ヒョウナ

f:id:tanakajiro:20170702163257p:plain

 

■羅白、Raddish、ダイコン

f:id:tanakajiro:20170702163244p:plain

 

■芋頭、Taro、サトイモ

f:id:tanakajiro:20170702163427p:plain

 

■高麗菜、Cabbage、キャベツ

f:id:tanakajiro:20170702163449p:plain

 

■冬瓜、Wintermelon、トウガン

f:id:tanakajiro:20170702163532p:plain

 

■南瓜、Squash、カボチャ

f:id:tanakajiro:20170702163657p:plain

 

■通菜、Kang Kong、クウシンサイ

f:id:tanakajiro:20170702163746p:plain

 

■芥蘭、Kailan、カイラン

f:id:tanakajiro:20170702163817p:plain

 

■鮑魚菇、Fresh Abalone Mushroom、オオヒラダケ

f:id:tanakajiro:20170702163859p:plain

 

■香菇、Fresh Black Mushroom、シイタケ

f:id:tanakajiro:20170702164032p:plain

 

■磨菇、Button Mushroom、マッシュルーム

f:id:tanakajiro:20170702164106p:plain

 

■金菇、Goldren Mushroom、エノキ

f:id:tanakajiro:20170702164453p:plain

 

■海帯、Seaweeds、コンブ

f:id:tanakajiro:20170702164559p:plain

 

■葱花、spring Onion、ネギ

f:id:tanakajiro:20170702164720p:plain

 

■大蒽、Onion Leeks、オオネギ

f:id:tanakajiro:20170702164922p:plain

 

■芫茜、Yansuy、パクチ

f:id:tanakajiro:20170702164844p:plain

 

【結論】ポーカーで生存できるか@マニラ No.25

ついにこの日が来てしまった。

というか、1週間前にきていたのですが、

「で、どうするの?」という疑問に対する答えが見つからず、うだうだと先延ばしにしておりました。身の回りがバタバタしてるし、その答えは6月中に出すということにしておいて、さっさと命題(タイトル)に対する見解を書いていくことにします。

 

■3カ月間の戦いの記録

(1)総合結果

総プレイ時間:208.5時間

総収支:-6,730PHP (-13,330円)

f:id:tanakajiro:20170609113101p:plain

感想:グラフの形が汚い、痛そう。

序盤はとにかくいろんなところを回った関係で純減してます。

途中の上振れはトーナメント入賞によるものですが、

その後25/50でスランプになってしまい大きくバンクロールが削られてしまいました。

終盤は場所をCODかソレアーに固定して、レートを上げて、

Hit&Away戦略でバンクロールが回復していきました。

が。

原点にはわずかに届かず。。。無念。

 

(2)トーナメント結果

f:id:tanakajiro:20170609113635p:plain

※メトロカードクラブ(Daily)・・・4位(4750php)

COD(Daily)・・・1位(18900php)

 

感想:トーナメントはやっぱり楽しい。

キャッシュゲームしていて笑顔が出ることは私の場合ほとんどないのですが(余裕がないから)、なんだかんだでトナメはわいわい楽しめます。

ファイナルテーブルで相手が飛んだら、すっとこぶしを差し出して、

健闘を称え、幸運を祈るところなんかはスポーツと同じ清々しさがあります。

国籍は違えどよく同席する相手には自然とリスペクトが生まれるということを身をもって体感しました。ポーカーはスポーツです。

 

(3)キャッシュゲーム結果

a.レート別

f:id:tanakajiro:20170609122430p:plain

感想:レートが低いほどフィリピン人率が高くなり、よりタイトになっていきます。

そんなタイトなテーブルはレーキの影響も大きく、だから利益を出すのが難しいのだと思います。唯一の黒字レート50/100で打った時はQQでプリフロップ3wayオールイン、下のポケット2名からチップをもらい上ブレただけです。

田中2bet→コール→オールイン(33)

田中コール→オールイン(88)

田中コール(QQ)

このハンド一つ見ても、レートが上がるとよりアグレッシブに、より高分散になってくことが伺えます。

 

b.拠点別

f:id:tanakajiro:20170609122503p:plain

感想:利益が出せているのはCODとレッツオールインですが、感覚的にCODとソレアーはほとんどレベルが変わらないと思ってます。地理的にも近いですし。むしろソレアーはちょっと勝ちすぎたバカラプレーヤーがふらっと寄ってくれる場所にポーカーテーブルがあるので、美味しいときは無茶苦茶美味しいというのがソレアーです。

キャッシュゲームはスポーツより漁に近いです。なので場所とテーブル選びの方がレート選びよりも大切なのです。

 

c.曜日別

f:id:tanakajiro:20170609124508p:plain

感想:週末の方が観光客が多くなるので感覚的には利益的です。

とはいえ、大きなトーナメント週間による影響も大きいので何ともいえないです。

 

d.3000php以上勝った/負けた時

f:id:tanakajiro:20170609124426p:plain

感想:ソレアで分散が大きくなる理由は割と単純で、ドローを降りない人(バカラプレーヤーに多い)と打ちあうことが多いからだと思います。同じレートでもソレアで打つ時はバンクロールを少し大きめにとっておいた方がよさそうです。平均滞在時間からわかるように、勝つ時はサクッと勝つし、負けるときはダラダラ負けるものです。4時間やって、1000php/時ペースで負けているならさっさと帰った方がよさそうです(レート25/50の話)。

 

■ポーカーで生存できるか?

以前のブログで紹介したようにマニラにおける生存コストは2750php/日(6000円程度)です。これを稼ぎだすために必要なのは1カ月20日8時間稼働、25/50で81BB/日を稼ぐことでした。

 

①1カ月20日8時間稼働=3カ月で480時間必要

実際は208.5時間しか稼働できていなかったので、半分以下の時間しかポーカーできていません。理由は単純です。カンコーキャクになっていたからです。せっかくフィリピンにいるんだし、奇麗な海にも行きたいし、エキゾチックなシティーナイトを楽しまずにはいられなかったのです。もし、両者を両立したのであれば、レートを50/100にしないといけませんが、私の実力では当然ながら厳しい。。。

 

②25/50のレートで81BB/日を稼ぐことが必要

稼げてません。というか負けてます。

平均81BB/日を稼ぐということは、勝つ時は160BB/日勝って、負けてもトントンという世界。改めて言うまでもなく、今の実力はここには至っておりませんでした。

 

現実的にまとめると、

マニラでポーカーだけで生存するには

・週5で4時間/日以上の稼働ができる。

・50/100のレートで40BB/日以上の利益を出し続けることができる。

・25/50のレートではほとんどの場合において自分が最も格上の状況であり、

 平均で80BB/日以上の利益をだすことができる。

ということになりそうです。

 

■ポーカーとどう向き合うか。

結果として、私は生存できませんでしたが、

確かにポーカーだけで生存されているプロの方はマニラにはいらっしゃいます。

ポーカーだけで飯が食えるなんてカッケーという発想で、今回の検証に突入しましたが、ポーカーとの向き合い方という点では人それぞれでした。

 

・WSOPでブレスレットをとるまで

・働きながらお金が増える趣味としてのポーカー

・フィリピンまでの交通費と娯楽費を稼ぐためのポーカー

・旅するポーカープレーヤー

・生存するためのポーカー

・参加費1000万円のハイローラーで優勝するための準備

 

私はというと、さんざんやっても、まだ飽きないし、

負けても、バッドビート食らっても、やっぱりポーカーは好きです。

遊ぶだけなら新宿でアミューズメントに通うよりマニラの方がはるかに安く遊べているという考え方もできるけど、それだけでは飯は食えないとう点で、唯一の理由として正当化することははやりできないのです。

一方でマニラは発展途上国としても十分すぎるほど魅力的で、

この熱量が高い場所に身を晒しておくというのも私にとっては悪くない選択なのです。

 

ポーカーとどう向き合い、どこをゴールにするのか。

なぜ、私はマニラにいなければならないのか。

それらを自分の人生の目標に対してどう位置づけるのか。

 

田中は32歳にしてモラトリアム2.0を迎えたようです。

 

とりあえず、3日後にはマニラに戻りますゆえ、

現地の方と語り合いながらゆっくりと考えてみたいと思います。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

ポーカーで生存できるか@マニラ No.24

鞄を整理していたらこんなもので出てきました。

 

f:id:tanakajiro:20170518052714p:plain

そう、マネークリップです。

日本を旅立つ際に、現地の通貨はかさばるだろうから。。。

グラインダーっぽく札束をこれにはさんでポーカールームに行きたい。。。

そんなことを考えながら鞄に入れたのは、、、今は昔。。。。

 

マネークリップよ。

 

すまん。

 

今、2枚しかお財布の中にお札がないんだ。

 

2枚じゃお前の胃を満足させることはできない。。。

甲斐性なしで申し訳ない。。。

 

もうちょっとだけ待って欲しい、もう少しで何かが噛み合う。

そんな予感がするんだ。

 

===

先々週から下降トレンドに追い打ちをかけるように

先週末は風邪で寝込んでまったく稼働できず。。。

 

 あ~ こんな嘆いている時間がもったいない!

うだうだ言ってないでポーカーしに行くだ。戦え、俺。

 

グッピー田中は今日はマスターズに泳ぎに行きます。

 

■戦績

f:id:tanakajiro:20170522205102p:plain

 

ポーカーで生存できるか@マニラ No.23

最近の負けっぷりですっかり意気消沈しております田中です。

マニラに来て2カ月が経過し、いったん住んでみるという期限の3カ月まであと1カ月となってしまいました。なんか、感覚値的には2年くらいいる気持ちです。

 

 

一カ月後に総合的な判断はするとして、

あと、一カ月で何がしたいのか、何ができるのか、どうすべきなのか

という反省の回にしたいと思います。

 

①ゴールはどこになるのか?

フィリピンのマニラでポーカーで生活することは可能なのか

これはブログの第一回で書いたことだし、

ゴールがずれると失敗も成功もなくなるので改めて引用しました。

そもそもフィリピンで生活費っていくらかかるんだっけ?という話ですが、

・宿泊費 2000円/日

・食費 2000円/日

・交通費 1500円/日

・通信/娯楽/その他 500円/日

合計:6000円/日

これがフィリピンで日本人がストレスフリーに生活するための一般的なコストだと思います。もちろん、人によっては半額くらいまで切り詰めることは可能ですが、、、

現地通貨にして、2700PHP/日、81000PHP/月

 

1カ月20日稼働で、25/50で打った場合、

20day*xBB*50php=81000php

1日当たり81BB稼ぐ必要があります。

 

プロが1時間当たり10BB/hなので、

プロであれば1日8時間、20日稼働でフィリピンで生活を送ることが可能になります。

 

「いくら儲かったか、入賞できたか、は結果であって目標にしてはいけない」

 

と、現地のプロの方々は口をそろえていいます。

 

でも、それはミクロの話で、

マクロ的にはEVをプラスにしないと継続はできないのは自明の事実なのであります。

 

持続的にフィリピンでポーカーを続けるために必要なこと。

それは

レート:10/20で203BB/日

レート:25/50で81BB/日

レート:50/100で41BB/日

を稼ぎだすことになります。

 

②現在地はどこか?

まずは今までの成績を振り返ってみます。

(1)バンクロール推移

f:id:tanakajiro:20170509165346p:plain

 

100000phpを基準として、

ジリジリと下がっていき、CODのトナメ入賞で一度浮きますが、

直近の大敗で勝ち分を溶かした様が見てとれます。

 

■28日稼働、通算129時間プレーしました。

平均4.6h/日のプレー時間となります。

※トナメの参加時間は除く。

 

(2)トナメの成績

f:id:tanakajiro:20170509165947p:plain

今までにサテライトも含め13回参加しました。

集計してみて意外に多いことに気づきました。

一応プラスにはなっているものの、たった一度のトナメで優勝できていなければ余裕でマイナスなので、分散が高いなーと思います。

 

(3)キャッシュゲームの成績

f:id:tanakajiro:20170509170131p:plain

まずはレート別ですが、全体を通して一様にマイナスが出ています。

分かってはいたのですが、凹みますね。ほんと、祟り神になりそうです。

気づきとしてはレートが高い25/50で負け幅が小さくなっています。

 

f:id:tanakajiro:20170509170311p:plain

拠点別にみてみると、頻繁に通っているマスタとメトロでマイナスが出ています。

ここではそんなにハイレートでは打っておらず10/20が主体となります。

一方で、ソレアーやCODは25/50というレートで打っています。

 

以上を踏まえると、以下の仮説にたどり着きます。

 

攻略の難易度はレートよりも場所に大きく依存する。

 

 

曜日ごとにも見てみました。

f:id:tanakajiro:20170509171925p:plain

なるほど、なるほど。週末の方が成績がいいですね。

当然ながら観光客が多くなるからだと思われます。

 

キャッシュゲームは週末が美味しい。

 

というすごく当然な答えがデータからわかりました。

 

マイルストーンの設定と達成方法

命題に対するゴールが1カ月20日8時間稼働、25/50で81BBを稼ぐ。

ではありますが、現在地のとの差分は以下の通り

 

●20日8時間の稼働ができていない。

 →実態は2カ月で28日間129時間稼働

 →トナメを一回3時間として36時間足すと、165時間となり、

  82.5時間/月が現在のプレー時間

 →今の、倍くらい打たないといけない。。。

 

●25/50で81BBを稼ぐ。

 →実態は総合的にみるとマイナスとなっている。

 →ソレアーとCODはプラスではあるものの10BBには満たず。

 

結論としては、今のやり方を続けていては到達はできそうにありません。

 

 

でも、希望がないわけではありません。

切り口によってはこんな私でもプラスEVの瞬間があるからです。

 

ちょっとでも近づけるために以下のマイルストーンを儲けます。

 

 

5月末までに25/50で5BB/時の利益を出せるようになる。

 

そのための方法として

 

●(金)・土・日・月はCODとソレアーに張り付く。

 →バンクロールの15%までリスクを許容する。

  →今であれば12750php/日まで。

●プレー時間はティルトにならない限り、平均して8時間は打つ。

●火・水・木は基本的にオフとするか訓練の日とする。

 →訓練はポカスタか10/20のレートでできる場所で行う。

 

トナメは・・・出たい・・・

それでも、トナメ出たいです。。。。

 

しかし、命題に対する使命として、

350php/参加回数ではどうしても参加を許可するわけにはいきません。

 

とはいえ、せっかく安くトナメに参加できるのはフィリピンの魅力。

よって、バンクロールがプラスになれば、週1でトナメ参加は可能という感じにしてみます。

 

以上、軌道修正案とします。

 

はたして、田中はバンクロールをプラスにできるのか。。。

続く。。。