読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanakajiroの日記

どうすれば明日はもっと面白くなるのか、割とマジで。

ポーカーで生存できるか@マニラ No.14

さてさて、数日のブランクができてしまったので、

リハビリもかねて1500ペソ程度でマスターズポーカーの10/20で打っておりました。

 

基本的に自分の運のなさを嘆くのって意味がないし、やるべきではないと思いますが、

この日ばっかりは何をしてもダメでした。3時間以上いてATo以上、99以上が合計5回しかこなかった。。。そのうちポッドを獲得したのは2回だけ、、、タイトに打とう打とうと思うけども、気がつけば3周参加してないという状態が続く。。。

 

イライラ。。。

またJ2かよ。 また48かよ。

イライラ。。。

 

そうなると、どうなってしまうのか。

ふわーっとハンドレンジが広がっていくんですね。

メモによると、

A2o,Q9s,K8s,K2sとかでふわっと参加していたようです。

 

当然、そんなハンドで参加しても強めの2bet打たれたら降りないとおけないし、

トップヒットもそんなに嬉しい状況ではないです。

 

そんな感じでジワジワジワジワとスタックが削れ、

75BBインしたスタックも残り40BBくらいで、

もう今日はダメだからカットオフで抜けよう。

そう思っていました。

 

テーブルの状況はと言うと、そんなにうまくないおばちゃんが自分の左隣で、分散高い打ち方をしていて、それをみんながキャッチしようと躍起になっている。

でも、おばちゃんはことごとくアンダーザドッグを引いて、みんなを返り打ちにしている。おばちゃん以外みんなティルト状態で、美味しいといえば美味しいんですが、ちょっとポットサイズが大きめのテーブルになっていました。

 

自分もハンドがくれば、打ちこんでこのおばちゃんとヘッズになりたいのにな~なんて思っていたところに、最後のボタンで9Qs(ハート)がきました。前に2リンパ―で、BBは超タイトなおじいちゃんなので、レイズはないだろうと思ってリンプしました。

 

5プレイヤー オールリンプ

 

フロップ:49A ALLダイアモンド

 

モノトーンボードで、ミドルヒット。

そんなに強くはないですが、可能性はあります。

 

1番チェック

2番チェック

3番チェック

5番1BBベッド

B(私)コール

1番レイズ2BB

2番フォールド

3番コール

5番コール

B(私)コール

 

ポット 13BB

 

ターン:K スペード

 

1番 16BBベッド

2~5番 フォールド

 

ボタンの私、少々考え込んでしまいます。

望んでいたツーペアが出来てしまったからです。

 

・フロップフラッシュの可能性もありますが、

 弱いフロップフラッシュならフロップでもうちょっと強めに打つでしょう。

 なぜならKdやQdを持ってる人がコールしてくれるかもしれないし、

 そういう人に安くフリーカードを見せるのはしたくないでしょう。

・強いフロップフラッシュならどうでしょう。

 あまり怖いカードはありません。相手に手を作ってもらって、

 狩りとればいいので、どちらかというとスロープレー気味になるはずです。

 Kが落ちて、いきなりポッドオーバーを打つ理由はあまりないでしょう。

 ここはKxがコールできるラインのベッドをするのが定石と思われます。

・セットができた?

 このおばちゃんの打ち方的にポケットを持っていたらリンプではまわさないでしょう。なので、ポケットがセットになったというのも可能性低いと判断。

・ツーペア?

 AKか?これも、このおばちゃんなら間違いなくプリフロップでもっと強さをアピールしていたはずです。

 4Kか?これは濃厚です。このアグレッションの上がり方にもマッチしてますし、ドロー系のハンドを落とすためのオーバーベッドならストーリー的にはばっちりです。

 他の人がフロップフラッシュの可能性ありますが、ノリノリのこのおばちゃんなら、こういうプレイするでしょう。

・Kxのダイヤ1枚持ち。

 これも十分ありえます。Kがダイヤならワンヒットナッツフラッシュドローなので、強めに出ても、弱いフラッシュドローは降ろせるし、フロップフラッシュにも強いプレッシャーを与えることができます。

 

よし、このおばちゃんは4K,9K,Kx(ダイヤ)のフラッシュドロー。

そう読んだ私は相手のミスを最大化するために25BBのオールインを被せます。

 

おばちゃんはしぶコール。

 

よし、これはもらったな。

 

おばちゃん K7ダイヤ。。。

 

>>ナッツフラッシュやーん<<

 

そうです。

ナッツフラッシュなのにKがヒットして条件反射的にオーバーベッドしていたのです。よくある降りて欲しいから強く打ったという部類のベッドではなく、手がヒットして、すでにナッツだけど強く打っちゃった(テヘペロ)系のベッドでした。

 

はぁ、、、なるほど。

 

フロップでのミニレイズの意味をもっと考えるべきでした。

なんて意味のないレイズするんだろうと思ってましたが、

あれは「バリューが欲しい!」という欲がちょっとはみ出ちゃったんですね。

もしくはフロップフラッシュが他にいたらレイズして欲しいです。

という部類の打診ベッド。

 

ベッドスピードからKが何か絡んでいるのは濃厚でしたが、

条件反射で打たれてしまい、真の強さを見誤ってしまった。

勉強代としてはまぁまぁ妥当な代償を払いました。。。

 

■今日の教訓

・ハンドが来なくてもレンジは広げるな

 →本でも読んでおけ。

・今日はダメだなって思った瞬間にレンジが投機的になるので、

 その瞬間に離席するべし。

・相手のレベル/思考に合わせて考える

 →時間がかかっても、その人のアクションを復習する。

・ナッツで、スケアカードでスナップベッドすると、ハンドは弱く見える。

 

■戦績

4/3 4hプレイ@マスター -1500

結果 -1500

バンクロール:75070