読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanakajiroの日記

どうすれば明日はもっと面白くなるのか、割とマジで。

ポーカーで生存できるか@マニラ No.15

空港近くに宿を移し、今週は場所を決めて通うというをテーマにしています。

 

10/20でリハビリを続けてましたが、現地の人は基本的にみんなかたくて、

もっともポットが大きくなるのがオープンレイザーが5BB程度にレイズして、それを5人くらいがコールするという状況が生まれた時。

こうなるとフロップでコミットする人が現れて、オールインになります。テーブルの平均スタックが25BB程度なので当然そうなります。ターン、リバーで打ちあうなんてことはほとんどないので、これって多分経験値としてもあまり積めないなーと感じてきたので、リハビリは終了とし、主戦場を25/50に移してバンクロールの回復を狙います。

 

さて、以前のブログで100ハンドで30BB程度稼ぐ人が他の人に対してエッジをどのくらい持っているのか、ということを計算してみました。

 

===引用開始===

100ハンドプレイ後に平均で125BB勝つ人は、

他のプレイヤーに対して5.89%のエッジを持っており、

100ハンド後には83BB~167BBの範囲にいる(95%信頼区間)。

===引用終了===

 

そんでもって、ふと思ったんですが、

ケリー基準を適用させればバンクロールのうち、何パーセントをリスクにさらせるのかが計算上明らかになるな、と。

 

ケリーの公式というのは継続投資において、

エッジとオッズが分かっている場合に資産の何パーセントをベッドすべきかという計算式のようなもので、理論上、最高のパフォーマンスを出します。

 

<<参考>>

http://www.geocities.jp/y_infty/management/k_formula_1.html

天才数学者はこう賭ける―誰も語らなかった株とギャンブルの話 | ウィリアム パウンドストーン, William Poundstone, 松浦 俊輔 |本 | 通販 | Amazon

 

で、実際に計算してみたいと思います。

f:id:tanakajiro:20170408123942p:plain

P(勝率)=50%

R(オッズ)=(167-100)/(100-83)=3.94

 

5.89%のエッジがある人は100ハンド後には95%の信頼度で83BB~167BBの間にいることから、勝率50%でオッズが3.94の勝負をしているとゲームを簡略化してみます。

*ちょっと強引ですが。。。

 

f=((3.94+1)0.5-1)/3.94=37.3%

 

バンクロールの37.3%をかけるべき、という答えが出ました。

でも、あくまでもこれは飛ばない前提で、ゲームを簡略して出した答えにすぎません。

 

実際には自分がテーブルで一番うまい=エッジがあることなんて希だし、ドンキーが死ぬ気でアンダーザドッグを引きに来て、引かれたら飛んでしまうこともあります。

 

そういった現実面とリスクを鑑みるとケリー基準の25~30%くらいで見ておいた方が安全だと思われます。俗に言う半分ケリーをさらに半分にしたので、かなり保守的と言えます。

 

f=37.3×(25~30%)=9.325~11.19%

つまり10%程度が一つの目安になりそうです。

 

■戦績

4/6  10/20 6hプレイ@メトロ -2500

4/7 25/50 8hプレイ@Solaier -3825

 

結果 -6325

バンクロール:68745

 

負けが込んできましたが、ここが踏ん張りどころでしょう。

先ほど計算したバンクロールの10%=6000を上限に25/50で打ち続けます。

 

最悪の場合、あと10日ほどで私のマニラのポーカーライフは

終止符を打つことになるかもしれません。

 

正直、失敗に終わるのはすごく怖いです。

 

プレッシャーでハゲそうです。

 

でも、まだ心は折れてません。

 

たまにはいいことも報告できるよう頑張ります。